Related Posts (YARPP)

コミュ障

コミュ障婚活マニュアル!【少しの勇気を持つ大切さ】

投稿日:

コミュ障婚活マニュアル!【少しの勇気を持つ大切さ】

彼女がいないコミュ障の人にとっては、

恋活

婚活

が非常に億劫で、できれば避けて通りたい難問ですよね。

でもコミュ障といっている大半の人は、「自称コミュ障」の方です。

言語障害があったり、病気で言葉を発することができないという本気の理由がない限り、改善の余地はあります。

今までコミュ障で婚活することに億劫になっていたあなたも、少しの勇気を持つことで上手くいきます。

本日はそんなあなたのためのコミュ障婚活マニュアルをまとめてみました。

是非参考にしてみてください。

コミュ障が婚活するための少しの勇気とは?

人生にとって、婚活は結婚相手を見つけるための大事なタイミングです。

少しでも婚活したいと意識しているのであれば、「コミュ障」を理由にしないことが大切です。

おそらくあなたが不安視しているのは、

目の前の相手に対して上手くしゃべれるか不安

婚活パーティーなどにいっても一人だけ浮いてしまうのが不安

このような、まだ見ぬ未来に対しての不安を思っているわけですよね。

でも婚活している方たちは、みんな同じ気持ちです。

コミュ障だから、コミュ障じゃないからという気持ち的な問題ではなく、要は本気で結婚したいかどうかってところがポイントです。

たとえ、異性に話しかけられてもぞもぞしていても、不器用ながらしゃべる努力をしてみてください。

相手にその本気度が伝わるか伝わらないかが、婚活を成功させるターニングポイントになってくるものなのです。

結論、コミュ障がどうこうということでなく、本気で婚活を頑張っているあなたを惜しみなく発揮する勇気を持つことが大切です。

この少しの勇気を持って、婚活に取り組んでみてください。

コミュ障のための婚活マニュアル

それでは具体的に、どういった流れで婚活を進めていくか解説していきます。

コミュ障の方はできるだけ、リアルコミュニケーションをとらないでいい状態からスタートすることが大切です。

つまり消去法でいくと、

婚活パーティー×

婚活バスツアー×

結婚相談所×

合コン×

婚活居酒屋×

婚活バー×

街コン×

このような婚活スタイルはコミュ障にとっては大きな時間的損失になります。

たとえ足を運んだとしても、浮いてしまい相手にされません。

つまり負ける試合には最初から参戦しないということが重要です。

勝てる見込みのある試合のみに焦点を絞ることに集中しましょう。

では、コミュ障でも勝てる試合(婚活)はどんなものがあるでしょう?

婚活サイト

出会い系サイト

婚活サイトと出会い系サイトは入りはネットなので、特に顔を合わせて会話をする必要はありません。

ネット婚活においては、パソコンあるいはスマホのキーボードのみが叩くことができればOKです。

関連

それでは具体的に解説していきます。

コミュ障がネット婚活で勝利するためには?

出会い系サイトにしろ、婚活サイトにしろ登録したら必ずプロフィールを掲載する必要があります。

写真掲載する方が反応がいいですが、一番大切なことは「嘘を書いてはいけない」という点です。

あなたは強がって、社交性のある優しい人と勘違いされてしまうようなことは記述してはダメです。

男性にしろ、女性にしろ、いいことばかり書くと逆に疑われてしまいます。

またリアルにあうことになってもネットとリアルで言っていることのギャップにひいてしまわれることがあります。

だから堂々と、

「少しコミュ障気味のところがありますが、理解いただける方よろしくお願いします!」

とプロフィールに書くことをお勧めします。

そうすると、あなたの気持ちも少しは楽になると思います。

なぜなら、あなたへアプローチしてくる異性は「コミュ障を理解している」方がほとんどだからです。

またあなたがアプローチした相手へもそのことは伝わりますので、正直に書くことが大切ということです。

コミュ障が婚活相手と会うタイミングは?

出会い系サイトや婚活サイトでうまく知り合った相手と会うタイミングって難しいですよね。

特にコミュ障だと自覚がある人にとっては特に。

相手からいきなり「会おう」と言われても、まずは動じないでください。

急ぐ必要はありません。

あなたのタイミングで会えばいいだけの話です。

コミュ障でも親しい友人にはきっと、言葉数が少なくても最低限のコミュニケーションはできるはずです。

そして、伝えたいこともきちんと伝えれているはずです。

婚活相手でもその状態になることが望ましいです。

まずは、通話の回数をできるだけ増やすようにしてください。

別に上手くしゃべろうと思ってしゃべれなくたっていいのです。

先ほども書きましたが、あなたが相手に対して本気がどうかの姿勢を見せることが大切になるからです。

顔合わせのベストなタイミングは、あなたが「この人なら会っても弱み(コミュ障)を理解してくれるな」と初めて感じたタイミングで問題ありません。

急ぐほどドツボにはまるのが婚活です。

ゆっくり、じっくり勝負していきましょう。

コミュ障が婚活相手に初顔合わせ

コミュ障のあなたが初めて、顔合わせする婚活相手。

きっと最初はとても緊張することでしょう。

でも逃げてはいけません。あなたは本気で婚活すると決めているのですから。

そして相手だって、それを理解して会ってくれているわけですから。

まず、顔合わせで下記のようなことを意識してみてください。

面白い話をしようと思わない

過度に何かしゃべれないといけないと焦らない

言葉につまるようならば、それでいい

つまり自然体のあなたを演出すればいいんです。

嘘・偽りのないあなた自身をさらけてみてください。

好かれようかとか、嫌われたくないという想いは必要ありません。それが逆にあなたを追い詰めることになるからです。

自然体のあなたを好きになってもらった方が、今後100倍、200倍と付き合いがしやすいです。

まとめ

コミュ障のあなたが、婚活するために一番大事なことはわかっていただけましたか?

婚活に対して本気という姿勢を見せる

常に嘘・偽りのない自然体のあなたを演出する

これだけで、コミュ障と思っているあなたもうまく婚活を進めることができます。

また婚活相手を見つけるためには、無理に対面する場面でなく、自分のペースで始めれるネット婚活から始めてみてはいかがでしょうか。

トップページ⇒かのつく - ゼロから始める彼女の作り方【非モテ・童貞・コミュ障向け】

-コミュ障

Copyright© かのつく - ゼロから始める彼女の作り方【非モテ・童貞・コミュ障向け】 , 2018 AllRights Reserved.